尾行調査

尾行調査はプロに任せましょう

浮気調査は、一般的には対象の尾行をして、
浮気の現場を確認して、それをカメラなどで撮影して
証拠を抑えることで行います。

 

これらはプロに任せずに自分でやることはできますが、
自分で行うことはオススメしません。

 

なぜなら、自分で行う場合には、
浮気調査が失敗する可能性がかなり高いからです。

 

浮気調査の最初の1手である尾行ですら
失敗する可能性が高いのです。

 

浮気をしている人は、
自分の浮気がバレないかを意識して振る舞っており、
浮気相手といるときには自分の行動が他人に監視されていないのか、
バレていないかといった事を意識して行動するため、
周りに意識を向けています。

 

普段尾行をしない素人が尾行をしようとした場合、
隠れ方がうまくなかったり、近づきすぎたりして、相
手があたりを伺った時にすぐにバレてしまう可能性が高かったり、
尾行されるのを防ぐために複雑な移動をされたときについていくことができずに
見失ってしまう可能性が高いのです。

 

こうなってしまうと、せっかくの浮気調査が台無しになり、
証拠を抑えることができなくなります。

 

このようなことを防ぐためにも、
プロに任せるのをオススメします。


このページの先頭へ戻る